Jewel 4Urs.official

自分らしいジュエリーで彩りを

engagement ring

「エンゲージリング(婚約指輪)は、給料の3カ月分」

このキャッチコピーを聞いたことがある方も少なくないでしょう。
もしかしたら10代20代の方は聞いたことすらないかもしれないですね。
これは1970年代にアメリカのダイヤモンド採掘会社がテレビCMなどで行った、ダイヤモンドを使ったエンゲージリングの普及キャンペーンのキャッチコピーです。
日本では1960年代頃から、婚約時に指輪を贈るという習慣が一般にも広く伝わったといわれていますが、このキャンペーンによって、婚約時にダイヤモンドリングを贈るという事が日本にも定着しました。
けれども、長年エンゲージリングの製作をしていて、お給料の3カ月分のご予算でエンゲージリングをご注文されるお客様は、現代ではほとんどいらっしゃいません。
Jewel 4Urs.ではお客様のご予算に合わせたオーダーメイドを承っております。

ダイヤモンドでなければだめなの?

日本では1970年代に主流になったダイヤモンドの婚約指輪ですが、世界でも同じなのでしょうか?
世界でも前出の会社はプロモーション活動をしており、1970年代以降の日本ほどではないまでもダイヤモンドを使ったエンゲージリングが広く贈られるようになったようです。
しかし、ヨーロッパのように古くからプロポーズをするときにエンゲージリングを贈るという文化が根付いている国々では、ダイヤモンドのみならず、さまざまな宝石がつけられたエンゲージリングが贈られています。
「ダイヤモンドでなければ婚約指輪じゃない」という風潮があるのは、おそらく日本のみではないかと思います。
Jewel 4Urs.ではオーダーメイドでエンゲージリングをおつくり頂くお客様に、より自由に、よりお客様らしいエンゲージリングが製作できればと考えております。
常識にとらわれない自分らしいスタイルでエンゲージリングを贈りたいとお考えでしたら、是非ご相談ください。

エンゲージリングは宝石(ダイヤなど)が大事?リングが大事?

エンゲージリングを長年お使いいただくと、どんなに大切にお使いいただいていてもデザインが古く感じるようになってしまう、リングサイズが合わなくなってしまうなど、さまざまな理由でメンテナンスやリフォームが必要になってしまう事があるかもしれません。
そんな時、リフォームするならば、宝石(ダイヤなど)の部分とリングの部分どちらを残してリフォームするのがお客さまにとって最適でしょうか?
たとえば日本の場合だと、エンゲージリングのリフォーム依頼を頂いた時にほぼ100%のお客様が宝石(ダイヤなど)はそのまま使い、リング部分を新たにつくり直します。
これは日本のエンゲージリングにはダイヤモンドが多く使われていることから、「純潔・清浄無垢・純愛・永遠の絆」などの石言葉を持つダイヤモンドを取り替えてしまうという事への抵抗感もあるかもしれません。
そして、リングをつくり替えるという事は、時代遅れになってしまったリングデザインを一新させるなどの多くのメリットもあります。

しかし、海外では必ずしもそうではないようです。
海外(特にヨーロッパ)では、エンゲージリングを贈る文化の起源には、「指輪を贈り忠誠を誓う」という意味合いがあり、そのリングにどんな宝石が付いているかより、リングを贈るという行為そのものを大切に考えている人が多くいると聞きます。
そのため、エンゲージリングを贈るときの収入などに見合った価格のエンゲージリングをオーダーし、結婚して年月が過ぎ、生活に余裕が出てから、より高価な宝石に付け替えていくというスタイルの人たちも多くいるそうです。
しかしながら、このスタイルには注意をしなければならない点が多くあります。
店舗や百貨店などで一般に販売されているリングでは、ほぼすべてのリングが宝石部分の交換ができるように製作されておりません。
現在予算が少なく高価な宝石の入ったエンゲージリングは購入できないけれど、将来的に宝石部分をよりよい宝石に交換したいとお考えでしたら、是非Jewel 4Urs.にご相談ください。

ブライダルジュエリー・・・

ブライダルジュエリー・・・

オリジナルでつくってみたい気もするけど、婚約指輪や結婚指輪のオーダーメイドジュエリーってどういう流れでオーダーするの?結婚式のどれくらい前に注文するの?

Contact us

オリジナルジュエリーを作りたい。サイズ変更したい。このジュエリーのリフォーム費用はどれくらいかかるの?などお気軽にご相談ください。
1営業日以内に折り返しご連絡致します。
お客様のご意見を細部まで取り入れたオリジナルジュエリーのご提案をしたいと思っております。 デザインのご提案をLINEなどのツールで行うことで、二人以上でのグループ通話やトーク、デザイン画の添付が可能になり、これまでのやりとりよりもスピーディーに、かつフランクにご意見を頂戴できることをメリットと思っております。 感じたことを直接伝えていただき、最後まで不安のないお取引を心がけております。 お客様の大切な想いをしっかりと形にし、宝物となるジュエリーをつくらせていただきます。